高校生 飲食店 アルバイト 年末年始

高校時代は飲食店でバイトした

高校生の時にできるアルバイトはかなり限られてくると思います。
ほとんどの高校生は飲食店でアルバイトをすることになると思うのですが、私の場合もそうで飲食店でアルバイトをしていました。とくに長期の休暇の時、夏休みや年末年始はバイト漬け…といっていいほど、一生懸命やってました。

 

私がしていたアルバイトはピザ屋と中華料理屋です。
まず初めにピザ屋でアルバイトをしたののが高2の冬休みですが、この時人生で初めてのアルバイトでした。なので右も左もわからない状態で最初は本当に何をすればいいのかわからなくて大変だったのを覚えています。

 

年末年始の初バイトがピザ屋

ピザを作るバイト

最初のバイトが年末年始でメチャ忙しかったのは無謀だったのかもしれません。。。
ただ店長さんやほかのスタッフ(バイト仲間)がとても親切で丁寧に仕事を教えてくれたので、何とか仕事を覚えることができたのです。今思えば当時はいろいろと迷惑をかけてしまったと思っています。

 

特に私が苦手だったのは電話対応です。それまで敬語もろくに使えなかったのですが、知らない人と電話をする機会は小学生や中学生の頃はほとんどなかったので、慣れない敬語を使いながら注文を取るのはかなりハードルの高いことでした。クリスマスからお正月なんて、ほんとに注文が殺到するんです。1日100本以上は絶対電話をとっていたと思います。いまはピザもネット注文が増えて電話対応は減っているのかな?

 

ただそれも何ヶ月もこなすうちに徐々に慣れてきて、だんだんとできるようになってきました。他にもピザを作る作業も大変で、食べ物を自分で作ると言う経験はそれまでほとんどなかったので、自分でピザを作ったときは達成感がありやりがいを感じることができました。自分が作ったものを誰かに食べてもらうということに嬉しさを感じて料理を作ることの楽しさに目覚めました。

 

次にやったのが夏休みに中華料理店

その後ピザ屋では1年ほど働いたのですが、色々と事情があり辞めることになりました。
その頃は料理に興味を持ち始めていたので、また料理を作れるような仕事がしたいと思い家の近くにあった中華料理屋でアルバイトを始めました。

 

中華料理屋でバイトした

ただそれまでに中華料理を作ったことがなかったので、また初めてのことばかりで大変だったのですがとても楽しく働かせてもらうことができました。そのバイトで経験をしたおかげで、中華が得意料理になりました。ただ1つ、夏場の店舗内はマジで暑い!・・・これだけはキツかったですけど。

 

どんなアルバイトでもそうだと思いますが、初めて経験をして自分で頑張った事はいくつになっても忘れる事は無いので大きな財産になると思います。特に高校生の頃は何をしても初めてのことばかりで、精神的に未熟なこともありすぐにあきらめてしまいそうになることが多いのですが、そこを乗り越えることができると自分が成長した事を自分自身で感じることができるので高校生にとってアルバイトはとても重要なことだと思っています。

 

それに学校だけではなくアルバイト先でも人間関係を築くことができるので、若いうちから様々な人に出会っておくとそれもまた良い経験になると思います。

 

授業や部活でバイトできない高校生も、冬休みのバイトで年末年始などには思い切ってバイトしてみるのもいい経験になるでしょう。

トップページへ戻る

年末年始や冬休みの高校生向けバイト職種をご紹介。オオススメの仕事は早めに応募するのが採用ゲットのコツ。やりたいバイトを見つけたらスグこちらのバイト検索サイトで求人情報をチェック!